ボトックスの意外な使い道!癒し系の垂れ目顔になれる!

しわやエラの治療だけではないんです!

ボトックスを用いた美容医療と聞くと、何を思い浮かべますか?やっぱり表情じわの治療や、咬筋の働きを弱めてエラを小さくする治療などが有名ですよね。でも、目の周辺の筋肉に少しだけ注射することで、つり目を垂れ目にすることもできるんですよ。つり目だというだけで表情がどうしてもきつくなってしまうので、性格まできついと誤解されて悩んでいる人って結構いるのではないでしょうか。目が細くて小さいように見えてしまうのが嫌な人もいますよね。でも、ボトックスを眼輪筋に打つことで、下まぶたの外側の部分を半分ほど引き下げることができます。すると、きつそうに見えるつり目が、優しくて癒し系に見える垂れ目に早変わりするんです。

自分好みの垂れ目に…

眼輪筋の働きをボトックスで弱めることで、下まぶたのラインが下がると、同時に瞳の面積が大きくなります。パッチリとした瞳に出来るのはそのためです。ボトックスの注入箇所は、黒目の下の部分と目尻の下の部分の二箇所です。でも黒目をよりはっきり印象付けたい場合は、黒目の下だけにボトックスを打つ方法の方があっていますし、自然さを求めるなら目尻にだけ注射をする方法の方がいい場合もあります。自分にとって理想的なまぶたや垂れ目にするためにも、カウンセリングの時には医師とよく話し合ってくださいね。施術時間は注射箇所も少ないので、わずか五分で終わりますよ。腫れや赤みもほとんどありません。一回のボトックス注射で約半年間は垂れ目が持続します。

ボトックス注射はしわとたるみを取る美容治療であり、簡単な施術で済むため身体的負担も少ない安全な治療法です。

© 2017 Organic Food Now All Rights Reserved